【STORY#4】2日で120万の利益を出した裏側

僕は今では、当たり前のようにネット上に仕組みを作って収益を上げているが、インターネットビジネスに出会う前は、ネットから収入を得ること自体考えられなかった。

ましてや個人が月収100万を稼ぐなんて、にわかに信じられなかった。

仮に月収100万を稼げるとしても、「相当な苦労」が必要だと思っていた。

それこそ血の滲むような。

しかしそれは、単なる思い込みでしかなかった。

ある日、ネットで稼ぐための情報を探していた時

ブログを運営して収入を得られるということを知った。

それを知った僕は、「へぇ~。身元を明かさなくていいならやってみようかな」

そんな軽い気持ちで始めることに。

ただ、やるからには真剣に取り組もうと思い始め、集中して取り組んだ。

そして、運営を始めて66日が経った頃、月の報酬が10万を突破。

この時、業界基準の4分の1の作業量で月収10万円を突破し、翌月には20万の報酬を得ていた。

「おおぉぉーーー!!思ってたより早く10万突破したぞ!」

僕は嬉しくなって、その事実をブログのプロフィール欄に書いた。

すると暫くして、問い合わせフォームから1件のメッセージが届いた。

内容を確認してみると、Webで収益を上げる方法を教えてもらいたいとのこと。

どうやら僕のプロフィールを見た人が、直接メッセージをくれたようだ。

でも、その時の僕は人に教えようなんて思っていなかった為、お断りすることに。

そして翌日・・・

再び、同じ差出人からメッセージが届いた。

どうしてもレクチャーを受けたいとの事。

僕は再度、丁重にお断りしたのだが、相手は引き下がらない様子。

そればかりか、かなりグイグイくる(笑

最終的に僕が折れる形となり、仕方なく教えることになった。

その方が、僕の初めてのクライアントさんだ。

正直、当時の僕には自信がなかった。

「自分が結果を出したばかりなのに、教えることなんて出来るのかな・・・」

そう思っていた。

しかもそのクライアントさんは、1年くらい教材を購入したり、塾に入ったりして実践していたにも関わらず、ほとんど結果が出ていないと言う。

そんな中、「これが最後!」という想いで僕に連絡をしてくれたそうだ。

だから僕は、やるしかないなと思った。

指導を始めてから2ヶ月

クライアントさんが頑張ってくれたお陰で、月に10万以上の報酬が発生するようになった。

クライアントさんからは何度も何度も感謝の言葉を頂いた。

この出来事がキッカケで僕は自信がついた。

何よりも、クライアントさんが結果を出して喜んでいるのが嬉しくてたまらなかった。

自分が結果を出すよりも遥かに嬉しい。

指導前はクライアントさんのゴリ押し具合にかなり戸惑ったが、今ではとても感謝している。

そのクライアントさんは、今では副業で月に100万以上の収益を上げるまでに成長した。

裕貴さんが月収102万を達成!副業で結果を出せた要因とは?【30代/会社員】じぶんライフ・クリエイターのNaotoです。 僕が主宰のMIRAI’Sに参加して頂いている【裕貴(ゆうき)さん】が、動画を使ったビジネス...

当時、クライアントさんが成果を出して間もない頃、指導してもらいたいという声を頻繁に頂くようになった。

そこで僕は、こう思うようになった。

「メディアの運営方法をパッケージ化したら、皆が喜んでくれるんじゃないかな?」と。

僕は企画を考案して、興味のある人だけに案内することにした。

正直、そこまで期待しておらず、「30万くらいいったら良い方かな」

そう思っていた。

しかし、蓋を開けてみると・・・

販売開始から数分で60万を超えて、2日で120万の利益が確定した。

僕はこの時、「自分に価値を感じてくれる人は、自分が思っている以上にいるんだ!」と、心の底から思った。

良い意味で予想外の結果になったわけだが、この結果を招いてくれたのは、紛れもなくインターネットのお陰だ。

ネットを使った事でレバレッジが掛かり、小さな労力で圧倒的な結果を出せたのだ。

僕が実際にやったことと言えば、パッケージの案内文をタイピングして、メールの送信時刻をセットしただけ。

設定時刻になれば、あとはシステムが自動的に案内を届けてくれる。

しかも「一斉に」。

以前、僕は営業職をしていて、太陽がギラつく炎天下の中でも、息が白い極寒の中でも、自分の足を使って1件1件アプローチしていた。

当時は本当に辛かった・・・

しかし「IT」を使えば、夏は冷房が効いた涼しい部屋で、冬は暖房が効いた温かい部屋で、一歩も動かずに、数十人、数百人、数千人、もしくはそれ以上の人達に向けて一斉にアプローチできる。

僕は改めて、インターネットの凄さを実感し、とてつもない可能性を感じた。

学歴、職歴、資格、経験などが無くても、やる気さえあれば誰でも、全くの0から理想のライフスタイルを実現できる素晴らしい時代ということを知った